【参加者募集中】6/8 JBBY50周年記念連続講座:日本の国際アンデルセン賞作家たち・第2回「まどさん、まどしてる —「ぞうさん」の詩人 まど・みちおの世界」

JBBY 50周年連続講座:日本の国際アンデルセン賞作家たち・第2回

まどさん、まどしてる
「ぞうさん」の詩人 まど・みちおの世界

講師:市河紀子

■ オンラインと対面での開催です ■

 まど・みちお(1909-2014)は、「ぞうさん」「やぎさん ゆうびん」「ふしぎな ポケット」などの童謡で広く知られていますが、最初の詩集『てんぷらぴりぴり』(大日本図書 1968)刊行後、たくさんの詩集を発表してきました。とりわけ、日米合同出版された『THE ANIMALS どうぶつたち』(美智子選・訳/安野光雅絵/すえもりブックス 1992/文藝春秋 2012)は海外でも評判になりました。地球にあるすべてのものへの深いまなざしや、人知を超えた大きなものに生かされているという感覚を、簡潔でありながら広がりをもつ言葉でうたった作品は、詩を翻訳することの難しさや文化の壁を越えて世界に届き、1994 年、日本の作家としてはじめて国際アンデルセン賞作家賞を受賞しました。
 詩人まどの詩は、『まど・みちお全詩集』(理論社 初版1992、新訂版2001)と『続 まど・みちお全詩集』(同 2015)にまとめられています。JBBY 50周年記念連続講座の第2回は、『続 まど・みちお全詩集』の編者のひとりである市河紀子さんからお話をうかがいます。

■ ちらしの PDFはこちら▶
■ 国際アンデルセン賞についてはこちら▶

■ 子どもゆめ基金助成活動
 基金への報告のため、オンライン・対面とも参加者の写真を撮影させていただきますので、予めご了承願います。子どもゆめ基金に提出した個人情報(写真)は、「(独)国立青少年教育振興機構が保有する個人情報の適切な管理に関する規定」に基づき、子どもゆめ基金助成業務以外の目的には使用されません。

日時2024年6月8日(土)14:00-16:00
対面 会場:出版クラブビル・会議室(東京都千代田区神田神保町1-32)
オンライン
*見逃し配信はありません
講師市河紀子さん(フリーランス編集者)
参加費① 対面 1,320円
② オンライン 990円
*子どもゆめ基金助成活動のため、JBBY会員割引はありません
申込方法Peatix(外部サイト)からお申し込みください
会場に参加される場合の注意事項会場:出版クラブビル会議室(東京都千代田区神田神保町1-32)
https://shuppan-club.jp/access
● 13:30 受付
● 発熱・咳等の症状のある方はご参加をお断りする場合があります。
● 会場での水分補給以外の飲食、大声での会話はご遠慮ください。
● 対面でお申し込みいただいた方も、当日体調のすぐれない場合は、オンラインで視聴することができます(ただし参加費の差額は返金できません)。
オンラインで視聴される場合の注意事項● 当日は、インターネット環境の安定した場所で、ご自身のパソコン、スマートフォン、タブレットよりご参加ください。
● 配信は、Zoomミーティングを使用します。下記URLより、パソコン、スマホ等でアプリを入手してください。https://zoom.us/download
● Zoomの設定については、ZoomのFAQページなどをご参照ください。Zoomがご利用になれるかどうが事前にテストも可能です。➡Zoom公式サイトミーティングテストに参加
● すでにZoomのアプリをご利用の方も最新版にアップデートしておくことをお勧めします(月に数回アップデートされます)。
● ご視聴には、Peatixへのログインが必要です。登録したメールアドレスとパスワードを忘れないようお書き留めください。
● 当日は、Peatixにログインのうえ、マイチケットのなかの当該イベント「イベントに参加」ボタンからご視聴ください。

● 開催24時間前にPeatixから配信されるリマインドメール内にも「イベント視聴ページに移動」ボタンがあります。
● 携帯電話でご登録の方は、「@peatix.com」「@jbby.org」からのメールが受信できるよう設定してください。
● 取得したリンクなどを第三者と共有したり、転用したりしないようご留意願います。
● 参加者の録音・録画・撮影は禁止です。

講師紹介

市河紀子(いちかわのりこ)

 出版社勤務ののち、フリーランス編集者として児童書や詩集の編集にたずさわる。『ぞうのミミカキ』(理論社 1998)『メロンのじかん』(同 1999)など、まど・みちおの晩年の新作詩集を11 冊担当したほか、『まど・みちお全詩集』の編者、伊藤英治の仕事を引き継ぎ、『続 まど・みちお全詩集』(同 2015)『工藤直子全詩集』(同 2023)の編者をつとめた。ほかに『まど・みちお 人生処方詩集』(平凡社 2012)がある。また『みみずのたいそう』(のら書店 2006)『草にすわる』(理論社 2012)などの選詩も手がけた。


■ まど・みちお作品 ■

『THE ANIMALS どうぶつたち』(安野光雅絵/すえもりブックス)
『THE MAGIC POCKET』(安野光雅絵/McElderry Books)
『まど・みちお全詩集』(長新太絵/理論社)
『続 まど・みちお全詩集』(長新太絵/理論社)
『メロンのじかん』(広瀬弦絵/理論社)
『ぞうさん』(にしまきかやこ絵/こぐま社)
『くうき』(ささめやゆき絵/理論社)
『風景詩集』(まど・みちお絵/かど創房)

■ JBBY 50周年連続講座:日本の国際アンデルセン賞作家たち スケジュール

  • いずれも、対面(出版クラブビル)とオンラインにて開催
日程タイトル講師
5/ 18(土)■安野光雅
「時代の寵児 安野光雅の世界」
廣石 修(元安野光雅美術館副館長)
6/8(土)■まど・みちお
「まどさん、まどしてる」
市河紀子(フリーランス編集者)
7/21(日)■赤羽末吉
「絵本画家 赤羽末吉の誕生とその頃」
赤羽茂乃(赤羽末吉研究者)/荒川薫(元福音館書店編集者)
9/14(土)■上橋菜穂子
「世界のしらべ 物語の灯り」
上橋菜穂子(作家)
10/5(土)■角野栄子
「物語は水平線をこえて」
角野栄子(作家)

■ そのほかの「JBBY50周年記念事業」についてはこちら▶