ライチョウを絶滅から救え(NF)

Save the Grouse from Extinction

国松俊英 著 Text: Kunimatsu, Toshihide

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本ノンフィクション/nonfiction

『ライチョウを 絶滅から 救え』(Raicho o zetsumetsu kara sukue)

南アルプスや北アルプスなど、高山にすむ鳥ライチョウが今、絶滅の危機にさらされている。生態系の変化、地球温暖化の影響などによって彼らを取り巻く環境が日々厳しくなっているのだ。鳥類学者の中村浩志は、ライチョウを日本の山岳における生態系の重要な鍵ととらえ、長年その研究と保護に力を注いできた。そして2013 年から始めた高山でヒナを守る「ケージ保護」の成果があがりつつある。ライチョウを通して自然環境を知り、自然との向き合い方を考えることの大切さを訴える記録文学。(汐﨑)

出版社 小峰書店
初版年 2018年
ISBN 9784338321013
ページ数 176頁
サイズ 20×14
対象年齢 11歳から
キーワード ライチョウ 自然環境 地球温暖化 生態系

Save the Grouse from Extinction

The Lagopus mutus Japonicus Clark is a species of grouse native to high mountains such as the Japanese Alps. Due to drastic changes in their ecosystem, global warming and other factors, the species faces extinction. Japanese ornithologist Hiroshi Nakamura identified the Japanese grouse as a key to the mountain ecosystem and has spent years studying and protecting them. In 2013, he launched a project to protect these chicks in cages in the mountains, with positive results. This book represents an important record that teaches us about the natural environment through the Japanese grouse and urges us to rethink our relationship with nature. (Shiozaki)

  • Text: Kunimatsu, Toshihide
  • Komine Shoten
  • 2018
  • 176 pages
  • 20×14
  • ISBN 9784338321013
  • Age 11 +

Grouse, Natural environment, Global warming, Ecosystem


本を探す/book search