なまはげ(NF)

Namahage

小賀野実 写真・文 Text/Photos: Ogano, Minoru

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本ノンフィクション/nonfiction

『なまはげ――秋田・男鹿の くらしを 守る 神の行事』(Namahage)

ユネスコの無形文化遺産に登録された、秋田の男鹿半島に伝承される、正月を迎えるための伝統行事「なまはげ」を、35 年間に渡って撮影してまとめた写真絵本である。大晦日の夜、鬼のようなお面をかぶり、わらで作った衣装をまとった一団が勢ぞろいし、松明をかざして雪の山道を降りてくる異様な光景から始まる。村の家々を回り、大きな包丁を掲げて「泣く子はいねがー!」と子どもたちを抱きかかえておどす。迫力のある豊富な写真で行事の全容を追い、それにまつわる伝説や歴史をはじめ、紹介される奇態な仮面の数々もユーモラスで楽しい。(野上)

出版社 ポプラ社
初版年 2019年
ISBN 9784591162675
ページ数 48頁
サイズ 27×22
対象年齢 9歳から
キーワード 仮面 神 大晦日 鬼

Namahage

ーDivine Protection Ritual in Oga, Akita

The Namahage ritual carried out on New Year’s Eve on the Oga peninsula, Akita prefecture, is listed as a UNESCO Intangible Cultural Asset. This picture book features photos of Namahage taken over some 35 years. On December 31 at nightfall, a crowd in demon-like masks and straw capes descends a snowy mountain road carrying torches. They circulate among village houses, raising a large knife and asking “Any crying children here?” to galvanize the young. Ample powerful images of this ritual are accompanied by legends and historical information, as well as humorous spot introductions of curious masks. The end-matter includes a guide to similar rituals around Japan, which involve god-visits, masks and costumes. (Nogami)

  • Text/Photos: Ogano, Minoru
  • Poplar
  • 2019
  • 48 pages
  • 27×22
  • ISBN 9784591162675
  • Age 9 +

Masks, Gods, New Year’s Eve, Demons


本を探す/book search