やんばるの少年(絵本)

The Boy of Yanbaru

たじまゆきひこ 作 Text/Illus. Tajima, Yukihiko

カテゴリー: 日中韓共同プロジェクトJapanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『やんばるの少年』(Yanbaru no shonen)

「やんばる」とは、日本の最西端・沖縄県の沖縄本島北部に広がる原生林で、絶滅危惧種のヤンバルクイナ やノグチゲラなどの鳥類をはじめとする希少生物の宝庫だ。この自然豊かな森は、子どもたちにとって楽しい遊び場でもあり、主人公の少年たちは、毎日のように木に登ったり川に飛び込んで魚を捕まえたりしている。ところが、この森にアメリカ軍の軍用航空機・オスプレイの基地が造られるという。大きな木が切り倒されていくなか、ダンプカーの前に大人たちが森を守ろうと立ちはだかる。一方、少年たちはいつものように森で遊んでいたが、軍事演習中のオスプレイが墜落事故を起こしてしまう。仲良しの少女一家は、オスプレイの危険を避けるために引っ越すことになった。基地建設と軍事演習により森林が破壊され、人間も動物も住めなくなっていく危機的な現状を、子どもの視点で描いた絵本。圧倒的な描画力が、読者に強烈な印象 を与える。 (野上)

出版社 童心社
初版年 2019年
ISBN 9784494012459
ページ数 40頁
サイズ 25×26
対象年齢 8歳から
キーワード 森 自然 戦争 オスプレイ

The Boy of Yanbaru

The word yanbaru refers to the original forest that covers the northern part of Okinawa island, the   westernmost part of Japan. It is a treasure trove of rare animal and bird species threatened with extinction. To the children in this story, the forest is a natural playground where they climb trees, jump into the river, and fish. But the great trees are to be felled to build an American air force base for  Ospreys. Local men and women protest by blocking the road to stop the bulldozers. The powerful illustrations convey from a child’s perspective the cruelty  of razing this bountiful forest to build a military base. (Nogami)

  • Text/Illus. Tajima, Yukihiko
  • Doshinsha
  • 2019
  • 40 pages
  • 25×26
  • ISBN 9784494012459
  • Age 8 +

Forest, Nature, War, Osprey


本を探す/book search