まぼろしえほん(絵本)

The Mirage Picture Book

井上洋介 作 Text/Illus. Inoue, Yosuke

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『まぼろしえほん』(Maboroshi ehon)

月が電球になっていたり、電車の中でくまが居眠りしていたりするなど、あり得ない場面が続くナンセンス絵本。各ページの冒頭は「だあれも だあれも しらないけれど」から始まり、人間が気づかない不思議なことが、世の中には多くあることが伝わる。道が巻き取られている場面からは、「道とは何か」という疑問がわき、犬が人間を散歩させている場面からは、人と動物の関係について考えさせられる。あたたかい筆遣いで描かれた寓話的な絵が、現実とのギャップをユーモラスに伝えている。(土居)

出版社 鈴木出版
初版年 2018年
ISBN 9784790253631
ページ数 28頁
サイズ 27×22
対象年齢 3歳から
キーワード ナンセンス 見立て

The Mirage Picture Book

Each page of this nonsense picture book begins with the words “Nobody knows but…” and follows up with startling revelations of strange things humans don’t realize, such as the moon really being a light bulb or a bear sleeping in a train. When a road is rolled up and taken away, the reader is left pondering what a road really is, while the image of a dog walking a human makes the reader reconsider the relationship between animals and humans. The allegorical illustrations are drawn with a warm touch and capture the humorous gap between the unique reality imagined here and the reality we know. (Doi)

  • Text/Illus. Inoue, Yosuke
  • Suzuki Shuppan
  • 2018
  • 28 pages
  • 27×22
  • ISBN 9784790253631
  • Age 3 +

Nonsense


本を探す/book search