ごろべえ もののけのくにへいく(絵本)

Gorobe in the Land of Mononoke

おおともやすお 作 Text/Illus. Otomo, Yasuo

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『ごろべえ もののけの くにへいく』(Gorobe mononoke no kuni e iku)

昔、日本一強いと評判の侍がいた。一度も感じたことのない「こわい」という思いを知りたくて、お寺のおしょうさんに教わったもののけの国へ旅に出た。だが、もののけたちの月見の宴に出くわしても、巨大な大入道があの手この手でこわがらせようとしても、感心したりおかしがったりするばかり。お寺にもどると、小坊主が「こわい」気持ちを教えてくれると言う。グリム童話にもあるような、こわさを学ぶ民話風の物語。結末はとんちがきいていて、読者も笑いながら、礼儀正しく心やさしいごろべえの、ぞっとする体験に共感できる。(広松)

出版社 童心社
初版年 2018年
ISBN 9784494016297
ページ数 32頁
サイズ 21×23
対象年齢 4歳から
キーワード もののけ 侍 とんち話

Gorobe in the Land of Mononoke

Long ago, there lived the strongest samurai in all Japan: Gorobe. He wanted to experience fear, an emotion he had never felt. On the advice of a Buddhist temple’s head priest, he journeyed to the land of mononoke (evil spirits). But though he happened upon a mononoke banquet, and a giant monster tried everything to scare him, he merely felt amazed or amused. Then, when he returned to the temple, a young monk offered to teach him fear. This folktalelike story of studying fear resembles some of the Grimms’ fairy tales. The ending has a witty twist that leaves the courtly, tenderhearted GorobeGorobe—and readers—shuddering. (Hiromatsu)

  • Text/Illus. Otomo, Yasuo
  • Doshinsha
  • 2018
  • 32 pages
  • 21×23
  • ISBN 9784494016297
  • Age 4 +

Mononoke, Samurai, Wit stories, Folklore


本を探す/book search