いないいないばあさん(絵本)

Granny Bo-Peep

佐々木マキ 作 Text/Illus. Sasaki, Maki

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『いないいない ばあさん』(Inai inai baasan)

「ぼく」がおばあちゃんと歩いていると、急におばあちゃんがいなくなって、奇想天外なところから現れるという繰り返しで描かれた作品。おばあちゃんはショーウィンドウの中でマネキンの真似をしていたり、橋の下に隠れていたり、公園の彫刻の上でポーズをとっていたり、階段の裏で逆さになっていたり、煙突の上にいたり、雪だるまの中から現れたりする。孫を驚かせるために必死になる、遊び心たっぷりのおばあさんの様子がユーモラスで、「ぼく」が驚き続ける絵も楽しい。(土居)

出版社 偕成社
初版年 2019年
ISBN 9784032326000
ページ数 32頁
サイズ 24×19
対象年齢 3歳から
キーワード おばあさん ナンセンス かくれんぽ

Granny Bo-Peep

This picture book is about a boy who goes for walks with his granny, but she keeps suddenly disappearing and reappearing somewhere totally unexpected. His granny pretends to be a mannequin in a show window, hides under a bridge and jumps out at him, poses on top of a statue in the park, hangs upside down behind the stairs, stands on top of a chimney, and suddenly appears out of a snowman. The pictures of the chubby granny as she goes to extraordinary lengths to surprise her grandson are amusing, and it’s fun to see the boy wide-eyed as he is continually being surprised. (Doi)

  • Text/Illus. Sasaki, Maki
  • Kaiseisha
  • 2019
  • 32 pages
  • 24×19
  • ISBN 9784032326000
  • Age 3 +

Grandmothers, Nonsense, Hide-and-seek


本を探す/book search