ハチごはん(NF) 

Wasp Larvae

横塚眞己人 写真・文 Text/Photos: Yokotsuka, Makoto

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本ノンフィクション/nonfiction

ハチごはん 表紙

『季節のごちそう――ハチごはん』(Hachi gohan)

かつては日本全国で蜂の子は食べられていたが、今日その習慣が残っている地域は限られている。カメラマンの著者は、岐阜県の山間部を訪ね、夏の初め目印をつけた蜂を追って土中の巣穴を探す「蜂追い」から、掘り出した巣を育てる「蜂飼い」、10月末に巣を解体して蜂の子を取り出し、それを食べる「蜂の子料理」までを克明に記録する。失われつつある伝統的な食文化「季節のごちそう」を、現代に伝える人々と家族の姿から、読み取れることがたくさんある。(野上)

出版社 ほるぷ出版
初版年 2018年
ISBN 978-4-593-56337-1
ページ数 41頁
サイズ 26×20
対象年齢 8歳から
キーワード 昆虫 食事 自然

Wasp Larvae

ーA Seasonal Delicacy

Certain parts of Japan have a custom of eating the larvae and pupae of predatory wasps. The author photographically documents this custom. In early July, digger wasps are fed bait with a marker that allows people to track them. The hive is dug up from the ground and transferred to a wooden hive. The wasps inside are fed with food and sugar water until the nest is ten times bigger. Around the end of October, the nest is taken out of the wooden hive, and the larvae and pupae are removed with tweezers. These are then stewed in a sweet sauce. This photo picture book serves as a precious record for the contemporary audience of a traditional food culture that is slowly dying out. (Nogami)

  • Text/Photos: Yokotsuka, Makoto
  • Holp Shuppan
  • 2018
  • 41 pages
  • 26×20
  • ISBN 978-4-593-56337-1
  • Age 8 +

Insects, Food, Nature


本を探す/book search