ごはんはおいしい(NF)

How Come We Call Rice “Gohan,” Grandma?

ぱくきょんみ 文/鈴木理策 写真 Text: Park Kyong-Mi | Photos: Suzuki, Risaku

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本ノンフィクション/nonfiction

ごはんはおいしい 表紙

『ごはんは おいしい』(Gohan wa oishii)

ごはんは一粒一粒のお米。お米は一粒一粒の稲の実。ごはんが私たちに届くまでの物語を、おばあちゃんが歌うように語ってくれる写真絵本。「ごはん」は日本の食文化の基本であり、田んぼは原風景だ。文と写真の見開きが代わる代わる現れる構成で、じっくり味わいながら嚙みしめるように読める。詩的なことばと写真とをあわせ、豊かな余白からも、知識だけではなく、白い湯気のにおいや、田んぼを抜ける風が感じられるようだ。なお、作者はこの本を書いた切っ掛けに東日本大震災があったと述べている。(広松)

出版社 福音館書店
初版年 2017年
ISBN 978-4-8340-8368-2
ページ数 80頁
サイズ 22×16
対象年齢 5歳から
キーワード 米 食 季節

How Come We Call Rice “Gohan,” Grandma?

The rice we eat is grain after grain grown on a rice plant, which itself grows in a rice paddy. This photo picture book lyrically narrated by a grandmother, tells the story of how rice reaches us. Just as rice is a staple of Japanese food, rice fields are a feature of Japan’s landscape. Written by a poet, the text and photos in this book reveal spread after spread that can be savored like a meal. The combination of poetic language, photos, and white space not only yields knowledge, but also causes us to smell steam and even feel the breeze through the paddies. (Hiromatsu)

  • Text: Park Kyong-Mi | Photos: Suzuki, Risaku
  • Fukuinkan Shoten
  • 2017
  • 80 pages
  • 22×16
  • ISBN 978-4-8340-8368-2
  • Age 5 +

Rice, Food, Seasons


本を探す/book search