ともだちのときちゃん(読みもの)

My Friend, Toki

岩瀬成子 作/植田真 絵 Text: Iwase, Joko | Illus. Ueda, Makoto

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novels

ともだちのときちゃん 表紙

『ともだちの ときちゃん』(Tomodachi no Toki chan)

小学2年生のさつきは、おしゃべりが大好きなしっかり者。一方、同じクラスのときちゃんは、のんびり屋で黙っていることが多い。さつきは、ときちゃんの母親から頼まれて一緒に登下校し、いつも一緒にいる。でも、のんびり屋のときちゃんを待つのが嫌になり、「これって、いじわるじゃないよね」と思いつつ、先にいってしまうこともある。最初、さつきはアリの行列をずっと見ていたり、木は生きているから今日の木は昨日の木とは違うといったりするときちゃんのことを、「へんなことばかりかんがえる」と思う。でも徐々にゆったりと行動するときちゃんだから、見えるものや、感じることがあるのだと気づく。性格や行動ペースが自分とは違う友だちと交流していろいろ気づき、考えるようになる主人公の心の内が、小学2年生の素直な言葉で語られる。優しくほっとするイラスト。(代田)

出版社 フレーベル館
初版年 2017年
ISBN 978-4-577-04574-9
ページ数 72頁
サイズ 22×16
対象年齢 6歳から
キーワード 友だち 性格 のんびり屋

My Friend, Toki

Satsuki, a girl in her second year of elementary school, likes to chat and get things done. Her classmate Toki-chan, on the other hand, often cannot answer questions quickly and takes her time with things. At the request of Toki-chan’s mother, Satsuki walks to school with Toki-chan daily and spends lots of time with her. But when Toki-chan moves slowly, Satsuki often grows frustrated, and when Satsuki can’t stand to wait anymore, she sometimes goes ahead, thinking to herself, “Surely this isn’t mean.” At first, Satsuki thinks Toki-chan strange because she can watch a line of ants by the roadside endlessly, and she says things like, “The tree is living, so it’s not the same tree it was yesterday.” But Satsuki eventually comes to see that because Toki-chan takes her time, she sees and feels things that others cannot. Satsuki’s story, which is told in the straightforward words of a seven-year-old, shows how she changes and grows through her friendship with someone who has quite a different personality and way of doing things. The illustrations lend a gentle touch that calms the heart. (Shirota)

  • Text: Iwase, Joko | Illus. Ueda, Makoto
  • Froebell-kan
  • 2017
  • 72 pages
  • 22×16
  • ISBN 978-4-577-04574-9
  • Age 6 +

Friendship, Personality, Taking one’s time


本を探す/book search