ハテナちゃんとふしぎのもり(絵本)

Hatena-chan and the Forest of Mysteries

田名網敬一 作・画 Text/Illus. Tanaami, Keiichi

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

ハテナちゃんとふしぎのもり 表紙

『ハテナちゃんと ふしぎのもり――だましえあそび』(Hatena chan to fushigi no mori)

現代美術家による、だまし絵の絵本。面白いこととびっくりすることが大好きなハテナちゃんが「ふしぎのもり」に遊びにやってくる。木のシルエットに近づくと、たくさんのサルが折り重なって隠れていたり、枝葉の形が動物や鳥たちに見えたり、さがし絵になっている。「ルビンの壺」「メビウスの輪」「ペンローズの三角形」など、古典的な錯視の図も。カラフルでポップなアート作品を鑑賞しながら、アイトリック体験を遊ぶ絵本。(広松)

出版社 素朴社
初版年 2017年
ISBN 978-4-903773-27-8
ページ数 36頁
サイズ 30×21
対象年齢 6歳から
キーワード だまし絵 錯視 遊び

Hatena-chan and the Forest of Mysteries

A modern artist active internationally for more than half a century, the illustrator of this book applies his long-honed talents to a book of optical illusions. A girl named Hatena-chan loves fun and surprises and comes to play in the Mysterious Forest. When she draws near a tree’s silhouette, it turns out to be made of monkeys. Leaves take the shapes of animals and birds in a seek-and-find. Classic optical illusions like Rubin’s vase, a Möbius strip, and a Penrose triangle even appear. While enjoying the colorful pop art, one can relish the “eye tricks” along with Hatena-chan. (Hiromatsu)

  • Text/Illus. Tanaami, Keiichi
  • Sobokusha
  • 2017
  • 36 pages
  • 30×21
  • ISBN 978-4-903773-27-8
  • Age 6 +

Illusion


本を探す/book search