それでも、海へ(NF/絵本)

Still Going Out Fishing

安田菜津紀 文・写真 Text/Photos: Yasuda, Natsuki

カテゴリー: 日中韓共同プロジェクトJapanese Children's Books絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

それでも海へ 表紙

『それでも、海へ――陸前高田に生きる』(Soredemo, umi e)

岩手県の港町に暮らす漁師とその孫を描くノンフィクション写真絵本。海と家族への愛によって大震災から復興していく姿を描いている。この港町は2011年3月11日の大震災で壊滅的な被害を受け、漁船もほとんどが壊れてしまった。主人公のおじいちゃん漁師は、船を沖に避難させていたため無事だったが、周りの惨状を目の当たりにして海に出るのをやめていた。しかし孫の「じいちゃんがとってきた白いお魚が、もう一度食べたい」の一言でまた海に出ることを決心する。そして獲ってきた魚をみんなと分かち合っているうちに、港にもしだいに活気を取り戻す。(さくま)

出版社 ポプラ社
初版年 2016年
ISBN 9784591148112
ページ数 40頁
サイズ 27×22
対象年齢 10歳から
キーワード 海 漁業 復興

Still Going Out Fishing

ーRikuzentakata after the Tsunami

This photo picture book shows a fisherman and his grandchild in Rikuzentakata, Iwate Prefecture. The town was rocked by the Great East Japan Earthquake and Tsunami on March 11, 2011. Nearly all its fishing boats were destroyed. The fisherman in this book survived by taking his boat far offshore, but seeing the suffering, he declined to fish for a long time. One day his grandson said, “I want to eat that white fish you used to catch, Grandpa.” At that sentence, the man decided to return to sea. This book shows how he shares his catches, and the port begins coming back to life. <Sakuma>

  • Text/Photos: Yasuda, Natsuki
  • Poplar
  • 2016
  • 40 pages
  • 27×22
  • ISBN 9784591148112
  • Age 10 +

Sea; Fishing; Recovery


本を探す/book search