ナビラとマララ(NF)

Nabila and Malala

宮田律 著 Text: Miyata, Osamu

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本ノンフィクション/nonfiction

ナビラとマララ 表紙

『ナビラとマララ――「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女』(Nabira to Marara)

ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユースフザイと同じパキスタンに住むナビラ・レフマンは、8歳のときにアメリカのドローン攻撃によって大けがをした。著者は、11歳のナビラをイスラムの女子教育支援という日本でのシンポジウムに招く。そして、ナビラとマララではアメリカでの対応が全く違ったこと、ナビラが広島の被爆者と出会ったこと、ナビラときょうだいが教育支援を受けられるようになったことなどを、パキスタンの歴史や現在の情勢とともに述べる。(土居)

出版社 講談社
初版年 2017年
ISBN 9784062204842
ページ数 172頁
サイズ 19×13
対象年齢 10歳から
キーワード テロ イスラム パキスタン 難民

Nabila and Malala

ーTwo Girls Caught Up in the “War on Terrorism”

Eleven-year-old Nabila Rehman lives in Pakistan just like Nobel Peace Prize winner Malala, but she was injured by a bomb dropped by an American drone. When she traveled to America to testify at a congressional hearing, she appealed to the audience to spend money on education, not on wars, but only five legislators showed up to hear her. At the author’s invitation she came to Japan and made the same appeal before a congressional hearing at a symposium on supporting the education of women and girls in Islamic countries. By comparing the differences in the treatment received by Malala and Nabila, the author invites the reader to examine the war on terrorism. (Doi)

  • Text: Miyata, Osamu
  • Kodansha
  • 2017
  • 172 pages
  • 19×13
  • ISBN 9784062204842
  • Age 10 +

Terrorism, Islam, Pakistan, Refugees


本を探す/book search