動物たちを救う アニマルパスウェイ(NF)

Saving Animal Species through Wildlife Crossings

湊秋作 著 Text: Minato, Shusaku

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本ノンフィクション/nonfiction

アニマルパスウエイ 表紙

『動物たちを救う アニマルパスウェイ』(Dobutsu tachi o sukuu animaru pasuwei)

ヤマネを研究している著者が、森が道路で分断されることによって、ヤマネの生息地が狭くなることで、絶滅に向かわないように、ヤマネが通れる橋を作る過程を紹介した本。著者は山梨県清里にヤマネブリッジを作るが、その橋を他の動物も渡ることがわかったことから、アニマルパスウェイを普及させるために研究会を作り、より安価で動物たちが通りやすい橋を材料や構造を見直し、モニタリングをして2004年から8年間かけて建設する。海外との交流も紹介されている。(土居)

出版社 文研出版
初版年 2017年
ISBN 9784580823143
ページ数 152頁
サイズ 22×16
対象年齢 10歳から
キーワード ヤマネ 実験 動物 環境

Saving Animal Species through Wildlife Crossings

Roads cutting through the forests of Japan are shrinking the habitat of Japanese dormice. The author, who has made the study of the dormouse his lifework, built a dormouse crossing in one area and discovered that other animals also crossed it. He set up a society for the study of wildlife crossings to find low-cost materials and designs that are easy for animals to cross and encouraged the introduction of such crossings throughout Japan. After monitoring the results, the society spent eight years from 2004 building these structures. Connections with similar projects in other countries are also introduced. (Doi)

  • Text: Minato, Shusaku
  • Bunken Shuppan
  • 2017
  • 152 pages
  • 22×16
  • ISBN 9784580823143
  • Age 10 +

Science, Environment, Animals


本を探す/book search