お月さまのこよみ絵本(NF)

An Illustrated Calendar of the Moon

千葉望 文/阿部伸二 絵 Text: Chiba, Nozomi | Illus. Abe, Shinji

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本ノンフィクション/nonfiction

お月さまのこよみ絵本

『お月さまの こよみ絵本――旧暦で行事をたのしむ』(Otsukisama no koyomi ehon)

中国から伝わってきた太陰暦(旧暦)の仕組みを太陽暦と比較しながら説明し、日本の行事の謂(いわれ)や、太陰暦の頃の過ごし方について紹介した絵本。元日は必ず新月で始まっていたことや、小正月(1月15日)は新年初めての満月の日なのでどんどん焼きをすることや、七夕には天の川がよく見えたことなどが紹介されている。現在の行事を描いた丁寧な絵が、太陰暦の行事がどのように現代に受け継がれているかがわかるようになっている。(土居)

出版社 理論社
初版年 2016年
ISBN 9784652201572
ページ数 31頁
サイズ 27×22
対象年齢 5歳から
キーワード 月 暦 行事

An Illustrated Calendar of the Moon

ーEnjoying the Festivals of the Old Lunar Calendar

A picture book that explains the structure of the old lunar calendar brought to Japan from China and compares it with the Western solar calendar, while introducing the background to festivals currently celebrated in Japan and the people who lived their lives according to the old calendar. It introduces various facts, such as that a new month always started on January 1, and the Tanabata Festival on July 7 was when the Milky Way was clearly visible. Through detailed pictures describing how festivals are currently celebrated, we learn how festivals on the old lunar calendar have been continued up until the present. (Doi)

  • Text: Chiba, Nozomi | Illus. Abe, Shinji
  • Rironsha
  • 2016
  • 31 pages
  • 27×22
  • ISBN 9784652201572
  • Age 5 +

Moon, Calendar, Festivals


本を探す/book search