フラダン(読みもの)

Hula Boys

古内一絵 著 Text: Furuuchi, Kazue

カテゴリー: IBBY オナーリストJapanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novels

フラダン 表紙

2018_文学作品(日本語)

『フラダン』(Furadan)

笑いながら読める青春小説だが、福島の原発事故をめぐる状況や、多様な人々とのぶつかりあいや交流なども書かれていて味わいが深い。工業高校に通う辻本穣は、水泳部をやめたとたん「フラダンス愛好会」に強引に勧誘される。しぶしぶいってみると、女子ばかり。ところが、シンガポールからのイケメン転校生、オッサンタイプの柔道部員、父親が東電に勤める軟弱男子も加入してくる。穣は男子チームを率いることになり、最初は嫌々だが、だんだんおもしろさもわかってきて、真剣になっていく。(さくま)

作家について 1966年、東京生まれ。映画会社勤務の後、2009年より中国語の翻訳家になり、同時に大人向けの小説とYAを書き始める。ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、2011年に作家デビュー。日本の作品ではあまり取り上げられない性差や多様性というテーマを多く扱う。他の作品に、『十六夜荘ノート 』(ポプラ社/2012)、『風の向こうへ駆け抜けろ』(小学館/2014)、『痛みの道標』(小学館/2015)などがある。

出版社 小峰書店
初版年 2016年
ISBN 9784338287104
ページ数 290頁
サイズ 20×14
対象年齢 15歳から
キーワード フラダンス 青春 震災 福島

Hula Boys

This is a laugh-out-loud youth novel, but its description of the circumstances surrounding the Fukushima nuclear disaster is thought-provoking. Yutaka, who attends a technical high school, leaves the swimming club only to be dragged into Hula Dance Club. When he grudgingly goes to take a look, he finds it full of girls. However, some other boys also join; Okihiko, a heart-throb type who has just moved from Singapore, Taiga, a geezer-type who also belongs to the judo club, and Kenichi, a weedy type whose dad works for TEPCO which is extremely unpopular in the wake of the nuclear disaster. Yutaka is put in charge of the boys team. (Sakuma)

  • Text: Furuuchi, Kazue
  • Komine Shoten
  • 2016
  • 290 pages
  • 20×14
  • ISBN 9784338287104
  • Age 15 +

Hula dance, Fukushima, Friendship


本を探す/book search