指きりは魔法のはじまり(読みもの)

The Magic Starts with a Pinky Promise

富安陽子 著/大庭賢哉 絵 Text: Tomiyasu, Yoko | Illus. Oba, Kenya

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novels

指きりは魔法のはじまり 表紙

シノダ!シリーズ『指きりは 魔法のはじまり』(Yubikiri wa maho no hajimari)

キツネと人間の間に生まれたシノダ家の3人の不思議な能力をもった子どもが活躍するシリーズ第10巻。今回は、末っ子で幼稚園児のモエが不思議な出来事に遭遇したことを誰にも話さないという約束を破ったため、キスをした相手をカエルに変身させてしまう能力をもってしまい、祖父とおばさんをカエルに変身させてしまう。そこで、モエの兄姉が過去の伝説や昔話を調べて変身を解こうとし、300年前の大雨と大蛇(おろち)とカエルと竜が関わる出来事にいきつく。(土居)

出版社 偕成社
初版年 2016年
ISBN 9784036441006
ページ数 266頁
サイズ 20×14
対象年齢 8歳から
キーワード ファンタジー 家族 変身

The Magic Starts with a Pinky Promise

The tenth volume in a series about three children whose parents are a fox and a human, and who have magical powers. This time, the youngest child Moe, who is at kindergarten, breaks her promise not to tell anyone about a certain encounter she had with magic, and a spell is put on her that makes whoever she kisses turn into a frog. When she transforms her grandma and grandpa, her elder brother and sister turn to legends and folktales to find out how to reverse the spell and end up using a 300-year-old case involving heavy rain, a monster serpent, a frog, and a dragon. (Doi)

  • Text: Tomiyasu, Yoko | Illus. Oba, Kenya
  • Kaiseisha
  • 2016
  • 266 pages
  • 20×14
  • ISBN 9784036441006
  • Age 8 +

Fantasy, Family, Transformation


本を探す/book search