猫魔ヶ岳の妖怪(絵本)

The Monster of Nekomagadake

八百板洋子 再話/斎藤隆夫 絵 Retold: Yaoita, Yoko | Illus. Saito, Takao

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

猫魔ヶ岳の妖怪 表紙

『猫魔ヶ岳の妖怪――福島の伝説』(Nekomagadake no yokai)

この絵本には、福島県各地に伝わる伝説「猫魔ケ岳の妖怪」「天にのぼった若者」「大杉とむすめ」「おいなりさまの田んぼ」の4話が入っている。原発事故前の福島は、自然豊かなとても美しい土地だった。この絵本に収められた伝説からもそうした地域の背景がうかがわれ、人間と動物や自然との結びつき、人間には計り知れない自然の力などが感じられる。再話は、ブルガリアと日本の民話の研究者・翻訳者。絵も、伝説の雰囲気をよく伝えている。(さくま)

出版社 福音館書店
初版年 2017年
ISBN 9784834083279
ページ数 56頁
サイズ 26×26
対象年齢 6歳から
キーワード 昔話 福島

The Monster of Nekomagadake

ーLegends from Fukushima

This book contains four legends from Fukushima that have been passed down for generations: The Monster of Nekomagadake, The Youth Who Rose to the Heavens, The Great Cedar and the Young Maiden, and The Foxes’ Rice Paddy. Before the nuclear accident that occurred during the 2011 tsunami, Fukushima was a beautiful land, rich in nature and home to many organic farmers. From these legends, we can imagine that land, feel humankind’s relationship with living creatures and nature, and sense nature’s immeasurable power. (Sakuma)

  • Retold: Yaoita, Yoko | Illus. Saito, Takao
  • Fukuinkan Shoten
  • 2017
  • 56 pages
  • 26×26
  • ISBN 9784834083279
  • Age 6 +

Legends, Fukushima, Nature’s power


本を探す/book search