くまさん(絵本)

Bear

まど・みちお 詩/ましませつこ 絵 Text: Mado, Michio | Illus. Mashima, Setsuko

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

くまさん 表紙

『くまさん』(Kuma-san)

まど・みちおの詩「くまさん」の絵本化。春がきて冬眠から目覚めたくまの子は、たんぽぽを見ながら「ええと ぼくは だれだっけ」と考える。そして、川にやってきて自分の姿を見て「そうだ ぼくは くまだった」と喜ぶ。冬眠から目覚めたぼんやりした様子、周りの自然を体全体で楽しむ様子、自分が誰かわからずちょっと不安になる様子、そして熊であることを実感して満足する様子が柔らかなタッチでユーモラスに描かれている。(土居)

出版社 こぐま社
初版年 2017年
ISBN 9784772102353
ページ数 24頁
サイズ 20×21
対象年齢 2歳から
キーワード 春 クマ 自然

Bear

This is a picture book version of the poem “Kuma-san” by the well-known Japanese poet Mado Michio. Spring has come and a bear cub wakes from hibernation. While gazing at the dandelions, he wonders, “Who am I?” Coming to a river, he sees his reflection in the water and remembers that he is a bear. The illustrations give a soft and humorous portrayal of the drowsy bear waking from hibernation, the way he enjoys nature with his entire body, his uncertainty when he cannot remember who he is, and his joy and satisfaction at rediscovering that he is a bear. (Doi)

  • Text: Mado, Michio | Illus. Mashima, Setsuko
  • Kogumasha
  • 2017
  • 24 pages
  • 20×21
  • ISBN 9784772102353
  • Age 2 +

Bears, Poetry, Identity, Spring


本を探す/book search