万葉と令和をつなぐアキアカネ(NF読みもの)

The Red Dragonfly That Unites Then and Now

山口進 写真・文 Text/Photos: Yamaguchi, Susumu

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novelsノンフィクション/nonfiction

『万葉と令和をつなぐアキアカネ』

赤トンボと呼ばれるアキアカネは、万葉の時代から日本の人びとに親しまれ、愛されてきた。かつてはどこにでも見られたのに、今は激減している。しかし、新潟県柏崎市の田んぼでは、多くのアキアカネが羽化していた。調べてみると、田んぼの持ち主の内山常蔵さんは、土と稲の力を信じて化学肥料を一切使わない有機栽培を行っていた。アキアカネがすめるのは、健康で自然な田なのだ。自然を大事にしながら、自然と一緒に生きることの大切さを、昆虫写真家でもある著者が、多くの写真とともに伝える読みもの。(汐﨑)

出版社 岩崎書店
初版年 2020年
ISBN ISBN978- 4-265-08319-0
ページ数 152頁
サイズ 22×16
対象年齢 11歳から
キーワード 赤トンボ、自然、共生

The Red Dragonfly That Unites Then and Now

The autumn darter is a red dragonfly beloved in Japan since Manyo times (late seventh to late eighth century). Though it used to be found all over, the dragonfly’s numbers have greatly decreased. But in some rice fields in Kashiwazaki city, Niigata prefecture, autumn darters were found to be thriving. This turned out to be because the farmer, Tsunezo Uchiyama, believed in the soil and plants and did not apply any chemical fertilizers; autumn darters need a healthy, natural place to live. As a photographer who specializes in insects, the author of this book uses prolific images to elicit affection for nature and help readers understand the need for coexistence. (Shiozaki)

  • Text/Photos: Yamaguchi, Susumu
  • Iwasaki Shoten
  • 2020
  • 152 pages
  • 22×16
  • ISBN ISBN978- 4-265-08319-0
  • Age 11 +

Red dragonfly, Nature, Coexistence


本を探す/book search