はからはじまるカルシウムのはなし(NF絵本)

A Calcium Tale that Starts with Teeth

伊沢尚子 作 | ダイスケ・ホンゴリアン 絵 Text: Isawa, Naoko | Ill. Daisuke・Hongorian

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

『はからはじまるカルシウムのはなし』

カルシウムの地球上での循環を、少年の歯が抜けたところから始めて、少女の歯が生えたところで終わる形で紹介した絵本。少年が土に埋めた歯からカルシウムが抜け出し、コマツナの一部になり、カタツムリがコマツナを食べ、カルシウムはカタツムリの殻の一部になり、マイマイカブリがカタツムリを食べ、殻は土に溶けてブナの葉っぱの一部になる。カルシウムはそこからシカの角、海のサンゴ、ブダイのふん、海藻へと移動し、少女が海藻を食べる。洗練されたデザインの絵が、カルシウムの循環をわかりやすく紹介している。(土居)

出版社 福音館書店
初版年 2021年
ISBN 978-4-8340-8594-5
ページ数 44頁
サイズ 20×20
対象年齢 7歳から
キーワード 歯、カルシウム、命の循環

A Calcium Tale that Starts with Teeth

This picture book introduces the cycling of calcium through different forms here on Earth, in a story that begins with a boy losing a tooth and ends with a girl growing a new one. When the boy buries his tooth in some soil, the calcium becomes part of a komatsuna plant, making its leaves crispy. When a snail eats the leaves, their calcium becomes part of its shell. Then, after a snail-eating beetle eats the snail, the calcium in the leftover shell dissolves in the earth and finds its way into Japanese beech tree leaves. From there, it travels into deer antlers, coral, parrotfish poop, and eventually seaweed; after a girl eats the seaweed, it helps to form her tooth. This book’s sophisticated design makes the concept clear. (Doi)

  • Text: Isawa, Naoko | Ill. Daisuke・Hongorian
  • Fukuinkan Shoten
  • 2021
  • 44 pages
  • 20×20
  • ISBN 978-4-8340-8594-5
  • Age 7 +

Teeth, Calcium, Natural cycles


本を探す/book search