まどのむこうのくだものなあに?(NF絵本)

What Kind of Fruit Behind the Window?

荒井真紀 作 Text/Ill. Arai, Maki

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

『まどのむこうのくだものなあに?』

ページにあいた小さな窓から果物の一部がのぞいている。めくると、そこには丸ごとの果物が描かれていて、次をまためくると、今度は半分に切った断面が描かれている。登場するのはイチゴ、メロン、パイナップル、スイカ、ミカン、リンゴ、キウイ、ザクロ。一部だけを見ることによって、ふだんなら気づかない細部の美しさ、不思議さにハッとさせられる。時間をかけてていねいに描き込まれた絵は、みずみずしくて、おいしそう。後ろからページをめくることもできるし、果物が何かを当てる楽しさもある絵本。(さくま)

出版社 福音館書店
初版年 2020年
ISBN 978-4-8340- 8568-6
ページ数 36頁
サイズ 27×20
対象年齢 3歳から
キーワード 果物、窓

What Kind of Fruit Behind the Window?

A small square “window” in a page reveals part of a fruit. Turn the page, and an illustration of the whole fruit appears. Turn the page after that, and see a cross section of the same fruit cut in half. The fruits featured in this book are strawberry, melon, pineapple, watermelon, mikan orange, apple, kiwi, and pomegranate. Because one small part of each fruit is shown before the whole, it is possible to discover beauty and magic in the details our eyes usually miss. Created with plenty of time and detail, the illustrations are realistic yet vibrant—and delicious-looking. This book can also be enjoyed back-to-front and as a fun fruit quiz. (Sakuma)

  • Text/Ill. Arai, Maki
  • Fukuinkan Shoten
  • 2020
  • 36 pages
  • 27×20
  • ISBN 978-4-8340- 8568-6
  • Age 3 +

Fruit, Windows


本を探す/book search