ドクターイエロー(NF絵本)

Protecting the Rails: Doctor Yellow

鎌田歩 作 Text/Ill. Kamata, Ayumi

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

『せんろをまもる!――ドクターイエロー』

子どもたちに人気の新幹線、なかでもドクターイエローと呼ばれる線路の維持管理を担う車両は花形だ。東海道・山陽新幹線の区間を約10日に1回、時速270キロで昼間に走る。同じ「おきゃくさんをのせないとくべつなしゃりょう」である、道床交換車、マルチプルタイタンパー、ロングレール運搬車、架線延線車の仕事ぶりもあわせて紹介する。観音開きのページを広げるとドクターイエローの内部が図解されていて、1台でさまざまな機能を持つことがわかる。ふだん気づかない安全を守る仕事を紹介する絵本だ。(坂口)

出版社 小学館
初版年 2021年
ISBN 978-4-09-725109-5
ページ数 32頁
サイズ 19×27
対象年齢 3歳から
キーワード 新幹線、安全、仕事

Protecting the Rails: Doctor Yellow

Children love the shinkansen, but Doctor Yellow, the car that maintains the bullet train tracks, is the star. Once every ten days, Doctor Yellow speeds along the Sanyo line, covering the 1,175 kilometers between Tokyo and Hakata in southern Japan on the island of Kyushu. It can travel at up to 270 kilometers per hour and carries no passengers. The book depicts a day in Doctor Yellow’s life, while at the same time introducing the jobs performed by such cars as the ballast exchange car and the multi-tie tamper. A fold-out illustration reveals Doctor Yellow’s interior, showing how it can single-handedly undertake a variety of maintenance work. The book offers a fun peek at an unusual train, casting light on many jobs that are done behind the scenes. (Sakaguchi)

  • Text/Ill. Kamata, Ayumi
  • Shogagukan
  • 2021
  • 32 pages
  • 19×27
  • ISBN 978-4-09-725109-5
  • Age 3 +

Shinkansen, Safety, Work


本を探す/book search