チョコレートのおみやげ(読みもの)

Gift of Chocolates

岡田淳 文 | 植田真 絵 Text: Okada, Jun | Ill. Ueda, Makoto

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『チョコレートのおみやげ』

神戸でデートをした小学5年生のゆきと叔母が、港のベンチで箱入りのチョコレートを食べながら、一緒に物語作りをするという作品。

みこおばさんは、チョコレートを食べながら「時間がとけていくみたい」と言い、ゆきに今日見たなかで好きだったものを聞く。そしておばさんは、ゆきが印象に残ったものを題材にしながら、「坂の上の洋館に、ひとりの男とニワトリがくらしていました。」と物語を語り始める。ニワトリは屋根にあがって男に風向きを伝え、男はそれによって風船を売る場所を決めていた。ある日、ニワトリは出来心で男にうその風情報を伝える。それによって、男は3か月も帰ってこず、ニワトリは風見鶏になってしまった。

それを聞いたゆきは、「ニワトリが風見鶏になるゆうのんは、やりすぎ」と言い、風見鶏になってしまったニワトリは、男のおみやげの3粒のチョコレートによって3か月の時間がとけ、元の姿に戻ったと語る。つまり、ゆきは、冒頭のおばさんの「時間がとける」を巧みに使って、物語をハッピーエンドにする。

枠物語としての構成が巧みで、関西弁のやりとりがユーモラス。全ページに水彩または鉛筆の挿し絵があり、異文化を取り入れた自由な雰囲気が漂う神戸の町並みが想像できる。(土居)

出版社 BL出版
初版年 2021年
ISBN 978-4-7764-1010-2
ページ数 48頁
サイズ 22×16
対象年齢 11歳から
キーワード チョコレート、風船売り、ニワトリ、物語作り

Gift of Chocolates

After taking a walk in Kobe city, Yuki, a fifth grader, and his aunt, Miko, stop at a bench near the port to eat a box of chocolates and make a story. “It feels like time is melting away,” Miko says and asks Yuki to share all the things he has seen and liked that day. Selecting images from these impressions as material, Miko weaves a story. “A little boy and a rooster lived together in a European-style house on top of a hill,” she begins. Each day, the rooster climbed onto the roof and checked the wind direction so that the boy could choose where to sell balloons. But one day, just on a whim, the rooster lied. The boy didn’t come back for three months, during which time the rooster turned into a weathercock.

“That’s not fair when he only lied once!” Yuki protests and picks up the thread of the story. The little boy, he says, brought the rooster a box of chocolates which, like his aunt had said, “melted time away,” bringing the rooster back to life, and they lived happily ever after. The author uses the frame narrative to skillfully weave this tale within the humorous dialogue between the boy and his aunt, revealing their different perspectives on life. Every page is adorned with beautiful pencil and watercolor illustrations that conjure up images of Kobe’s townscape with its European influence. (Doi)

  • Text: Okada, Jun | Ill. Ueda, Makoto
  • BL Shuppan
  • 2021
  • 48 pages
  • 22×16
  • ISBN 978-4-7764-1010-2
  • Age 11 +

Chocolate, Balloon seller, Rooster, Story making


本を探す/book search