せきれい丸(絵本)

Sekirei Maru

たじま ゆきひこ/きどうち よしみ 作 Tajima, Yukihiko & Kidouchi, Yoshimi

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books


『せきれい丸』

1945年12月、淡路島から明石へ向けて出航したせきれい丸は、定員の3倍の349人を乗せて転覆し、45人だけが生き残った。この作品は、その史実を元に、ひろしという架空の少年を主人公にして描いている。ひろしは、戦争で父を亡くし、おばさんに届けものをするために船に乗る。船は転覆してひろしは海の底で死んだ父の声を聞き、海面に顔を出す。そして、友だちのお父さんに助けられる。友だちは命を落とし、ひろしは、友だちの代わりに漁師の手伝いを始める。型絵染の絵が、海の深さと命の尊さ、戦争の恐ろしさをドラマチックに表現している。(土居)

出版社 くもん出版
初版年 2020年
ISBN 978-4-7743-3193-5
ページ数 40頁
サイズ 25×26
対象年齢 7歳から
キーワード 遭難、戦争、友だち、猟師

Sekirei Maru

In December 1945, the ferry Sekirei Maru capsized while crossing from Awaji Island to Akashi with 349 passengers on board, three-times the boat’s capacity. Only 45 passengers survived. Based on historical facts, the story follows a fictional character, the boy Hiroshi, whose father died in the Second World War. Hiroshi boards the ferry to deliver something to his aunt. When the boat capsizes and Hiroshi sinks to the bottom of the sea, he hears his dead father telling him to live. Hiroshi is saved by a fisherman whose own son, Hiroshi’s friend, drowns. Hiroshi begins helping the fisherman with his work. The dynamic stenciled illustrations capture the depth of the sea, the horror of war, and the preciousness of life. (Doi)

  • Tajima, Yukihiko & Kidouchi, Yoshimi
  • Kumon Shuppan
  • 2020
  • 40 pages
  • 25×26
  • ISBN 978-4-7743-3193-5
  • Age 7 +

War, Friends, Fishermen


本を探す/book search