たいようがわらってる(絵本)

The Sun Is Laughing

川平慈英 作 | ミロコマチコ 絵 Text: Kabira, Jiei | Ill. mirocomachiko

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『たいようがわらってる』

沖縄を思わせる南の島。さんさんと降り注ぐ太陽のまぶしい光を浴びて、花も木も虫たちも、そして太陽までも笑っている。そこに台風が来て海の水を巻き上げ、空からさまざまな魚たちが降ってくるので、ふたりの男の子はびっくり。台風からの贈りもので、ふたりは朝日を浴びて豪華な朝食。男の子たちの顔まで太陽のように輝き、夜になっても光りながら笑っている。目が覚めるような鮮やかな太陽がダイナミックに笑い、強烈な光を放つ。色鮮やかで、はち切れんばかりのエネルギッシュな筆使いが、自然の野生的な生命力をさく裂させていて圧倒される。(野上)

出版社 学研プラス
初版年 2021年
ISBN 978-4-05-205429-7
ページ数 32頁
サイズ 31×24
対象年齢 3歳から
キーワード 自然、太陽、南の島、台風

The Sun Is Laughing

On a southern island reminiscent of Okinawa, flowers, trees, and insects smile in the brilliant sunshine. Even the sun is laughing. Suddenly a typhoon races towards the island, whipping up the sea. Fish of all kinds rain down from the sky, to the astonishment of two boys. The fish are a gift from the typhoon, and the boys enjoy a hearty breakfast under the beaming sun. Its dazzling rays light up the boys’ faces with smiles that keep shining even after nightfall. Painted with vivid, energetic brushstrokes, the illustrations burst with the untamed power and vitality of nature. This is a recent work by Miroco Machiko, winner of the Golden Apple at the Biennial of Illustrations Bratislava. (Nogami)

  • Text: Kabira, Jiei | Ill. mirocomachiko
  • Gakken
  • 2021
  • 32 pages
  • 31×24
  • ISBN 978-4-05-205429-7
  • Age 3 +

Nature, Sun, Southern island, Typhoon


本を探す/book search