ぼうしかぶって(絵本)

Hat On

三浦太郎 さく・え Text/Ill. Miura, Taro

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『ぼうしかぶって』

1ページ目に「なすの とうさん たたたたた」という言葉と、かばんを持って走る紫のナスの父さんの絵があり、次の見開きには「ぼうし かぶって いってきまーす」という言葉と、帽子(がく)をかぶった父さんが出かけていく絵がある。同じように、パイナップルの兄さん、カキの姉さん、サヤエンドウのきょうだいが帽子をかぶって出かける。そして最後に、トマトの母さんとプチトマトの赤ちゃんも、帽子をかぶって出かける。繰り返しが楽しく、鮮やかな色の野菜や果物が、帽子をかぶることで変化する様子が楽しい。(土居)

出版社 童心社
初版年 2020年
ISBN 978-4-494- 00715-8
ページ数 28頁
サイズ 18×18
対象年齢 0歳から
キーワード 野菜、帽子、家族、外出

Hat On

On page 1, a purple eggplant father in glasses and a necktie runs along, carrying his satchel. “Eggplant father, ta-ta-ta-ta-ta!” says the text. Turn the page, and the father has donned his hat—the eggplant’s calyx. “Hat on, and I’m off!” says the text. Next, a pineapple big brother, a persimmon big sister, and some peapod siblings similarly put on their “hats” and head out. Finally, a tomato mother and roly-poly cherry tomato baby put on their “hats” and leave for an outing. This picture book’s repetition is delightful, as are the transformations of brightly colored vegetables and fruits by the addition of their “hats.” (Doi)

  • Text/Ill. Miura, Taro
  • Doshinsha
  • 2020
  • 28 pages
  • 18×18
  • ISBN 978-4-494- 00715-8
  • Age 0 +

Vegetables, Hat, Family, Outing


本を探す/book search