お蚕さんから糸と綿と(NF写真絵本)

大西暢夫 写真・文

カテゴリー: おすすめ!日本の子どもの本絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

『お蚕さんから 糸と綿と』(Okaiko-san kara ito to wata to)

滋賀有数の養蚕地だった集落に、一軒だけ残る養蚕農家に密着取材した写真絵本。桑を栽培し、蚕を育て、繭をとる養蚕は、手間暇かけた一家総出の仕事だ。その繭を煮、人の手で生糸や真綿にしていく。かつて養蚕や製糸の仕事は日本の主要産業だった。老人の表情や手、「お蚕さん」と敬称をつけて呼ばれながら命を絶たれる虫
たちの写真は厳かで、自然に近い人間の生活の営みや、人が多数の命を身につけていることを考えさせる。犠牲になった命に対する「虫供養」と、繭から逃げ出した飛べない蛾の写真が、深い余韻を残す。(広松)

出版社 アリス館
初版年 2020年
ISBN
ページ数 52頁
サイズ 26×20
対象年齢 9歳から
キーワード 養蚕 製糸 生命

  • 2020
  • 52 pages
  • 26×20
  • Age 9 +

本を探す/book search