いちご(NF絵本)

荒井真紀 作

カテゴリー: おすすめ!日本の子どもの本絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

『いちご』(Ichigo)

整然と並んだ300粒のイチゴのタネ、どれひとつとして同じように描かれてはいない。イチゴを食べるとプチプチ音がするのはなぜかという疑問に始まり、いちごを育てる過程に沿って話が展開する。植物は花を咲かせ、実をつけ、タネを作って次世代に橋渡しをするという原則を、子どもが理解しやすいようにひとつひとつ順を追って伝える絵本だ。すぐれた観察眼を持つ作者は茎の産毛やハチの足の毛、スズメの羽毛まで生き生きと描き分けている。写真にはない絵の表現力の豊かさによって、身近なイチゴの奥深さを伝えている。(坂口)

出版社 小学館
初版年 2020年
ISBN
ページ数 32頁
サイズ 25×22
対象年齢 7歳から
キーワード イチゴ 栽培 観察 植物

  • 2020
  • 32 pages
  • 25×22
  • Age 7 +

本を探す/book search