りんごだんだん(NF写真絵本)

小川忠博 写真・文

カテゴリー: おすすめ!日本の子どもの本絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

『りんご だんだん』(Ringo dandan)

最初は、ぴかぴかでつやつやの赤いリンゴの写真に、「りんご つるつる」という言葉がついている。その同じリンゴが、少しずつ変わっていき、しわしわになり、ぱんぱんになり、しなしなになり、ぐんにゃりとなり、やがて哀れな姿に。作者が1年近くの間リンゴを観察して記録した写真絵本。それぞれの写真には、ごく短い言葉がついているだけだが、生きているものは時間とともに否応なく変化していくこと、そして、それを糧にしてまた次の命が育っていくことなどが、リアルな写真から伝わってくる。(さくま)

出版社 あすなろ書房
初版年 2020年
ISBN
ページ数 36頁
サイズ 20×21
対象年齢 3歳から
キーワード リンゴ 腐敗 変化 命

  • 2020
  • 36 pages
  • 20×21
  • Age 3 +

本を探す/book search