アドリブ(読みもの)

佐藤まどか 著/しまざきジョゼ 装画

カテゴリー: おすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『アドリブ』(Adoribu)

イタリアに生まれ育ち、日本国籍を持つユージは、10歳の時にフィレンツェの大聖堂で国立音楽院の出張コンサートを聞き、「ぼく、フルートをやりたい」と言う。ユージは未経験のまま、国立音楽院の試験を受け、27人中の3人に選ばれてサンティーニ先生の指導を受けることになる。彼は日本レストランの接客係をしている母とふたり暮らし。経済的に厳しいなかでのフルートの購入、レッスン、進級試験をこなして、予科から本科の1年生になる。そこからは、学業との両立の難しさ、厳しくなるレッスン、裕福でママの発言力が大きいリナや、高い演奏技術を持つサンドロなど音楽院の生徒たちの様子、心の通う伴奏者との出会い、奨学金の選考会などが描かれる。

ユージは、5年生の進級試験を境に、先生から「だれのために音楽をやりたいんだ?」と問われ、7千ユーロの銀製のフルートに買い替えることを勧められる。彼は、なぜフルートを吹くのか、将来プロになりたいのか、その可能性はあるのかについて悩み始める。

ユージが次々と試練に出会い、悩みながらも前進していく様子がドラマチックで、好きなことに打ち込む楽しさと苦しさ、音楽の魅力、人との出会いの大切さが読み取れる。(土居)

出版社 あすなろ書房
初版年 2019年
ISBN
ページ数 240頁
サイズ 20×14
対象年齢 13歳から
キーワード イタリア フルート 音楽

  • 2019
  • 240 pages
  • 20×14
  • Age 13 +

本を探す/book search