となりのアブダラくん(読みもの)

Abdallah Next Door

黒川裕子 作/宮尾和孝 絵 text: Kurokawa, Yuko | illus. Miyao, Kazutaka

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『となりのアブダラくん』(Tonari no Abudara kun)

小学6年生のハルのクラスに、パキスタンからアブドゥという少年が転校してくる。アブドゥは、自己紹介の時「アブラ・カタブラ」と言ったため、「アブダラくん」と呼ばれるようになる。ハルは担任の先生に「めんどう見てやれ」と言われ、アブダラくんを毎日、家まで誘いに行き、学校でもサポートする。そうしながらも、ハルはアブダラくんが一言もお礼を言わないのを不満に感じていた。日本語支援員の田屋先生を通してアブダラくんにそのことを伝えると、「お礼なんて、友だちじゃないみたいだ」と言われ、ハルは考え方の違いにショックを受ける。田屋先生にはニットクリエイターという顔があり、ひそかに編みものが好きなハルは、先生にあこがれを感じている。

遠足の行き先が急に変更され、お寺に行くことになったとき、イスラム教徒のアブダラくんは、拒絶して帰ってしまう。ハルは幼なじみの小吉がアブダラくんがお寺に行かないのはワガママだと言ったことから、アブダラくんを追いかけなかった。それ以来、ハルとアブダラくんの間はぎくしゃくする。

異文化を受け入れる難しさがハルの視点を通してていねいに描かれ、自分らしく生きるのは誰にとっても重要であるというメッセージが、作品全体を通して伝わってくる。(土居)

出版社 講談社
初版年 2019年
ISBN 9784065175743
ページ数 208頁
サイズ 20×14
対象年齢 11歳から
キーワード 友だち 移民 明日ラム協

Abdallah Next Door

Haru is 12 when Abdo, a boy from Pakistan, transfers into his class. Abdo introduces himself as “Abracadabra Abdallah,” so everyone calls him Abdallah. The teacher asks Haru to look after the new arrival, so Haru goes to Abdo’s house every day to ask him to hang out, and he supports him as best he can at school. Abdo never says thank you, however, which bothers Haru. When he conveys this via Japanese language assistant Ms. Denya, Abdo responds, “If I say thanks, it’s like we’re not friends!” Haru gets a shock at how his and Abdo’s thinking differ. Ms. Denya is an active knitter, however, and Haru, who secretly enjoys knitting, feels drawn to her.

On a field trip, the destination is changed suddenly to a Buddhist temple, and Abdo, a Muslim, abruptly leaves. Haru’s classmate says that this is selfish of him, so Haru does not go after Abdo. He and Abdo struggle to connect after that, but when a girl in Haru’s younger sister’s class rips the hijab off of Abdo’s younger sister, Haru consults Ms. Denya and tries to think of ways to help more people learn about the new family. He also reveals his love of knitting.

Told from Haru’s perspective, this novel thoughtfully conveys the challenges of accepting someone from another culture. It also shows how being true to oneself matters to everyone. (Doi)

  • text: Kurokawa, Yuko | illus. Miyao, Kazutaka
  • Kodansha
  • 2019
  • 208 pages
  • 20×14
  • ISBN 9784065175743
  • Age 11 +

Friendship, Immigration, Islam


本を探す/book search