やまねこのこんにちは(読みもの)

はせがわさとみ 作

カテゴリー: おすすめ!日本の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『やまねこの こんにちは』(Yamaneko no konnichiwa)

森の奥の小さな家に引っ越してきたヤマネコが、近所に引っ越しのあいさつをしようと家を出る。すると道の先から動物たちの話し声が聞こえる。「このさきの おうちに だれかが ひっこしてきた みたいだね」「どんな こが すんでいるんだろう」「はやく あってみたいねえ」。ヤマネコが喜び勇んでみんなの前に出ていこうとしたら、「おしゃれな こ だったら いいな」とリスの女の子。ヤマネコは慌てて家に戻り、めいっぱいおしゃれをして出直す。すると今度は、物知りだといいなとハリネズミ。歌が好きだといいねとコブタ。ヤマネコは動物たちの声を聞くたびに家に戻り、期待に沿えるように準備して出直すのだ。3時のおやつが好きだといいねと、アナグマがいうのを聞き、それなら得意のクッキーを作ってみんなを招待しようと大急ぎで家に戻る。歌を歌いながらクッキーを焼いているとオーブンから煙があがり、慌ててクッキーをオーブンから出すとヤマネコのしっぽに火がつき、大声をあげ外に飛び出す。そこに声を聞きつけた動物たちが駆けつけ、ヤマネコはしっぽを庭の池につけながら小さな声であいさつをし、みんなといっぺんに仲良しになり森でかくれんぼして遊ぶ。結末もユーモラスでほほえましくて挿し絵もかわいく魅力的だ。(野上)

出版社 あかね書房
初版年 2019年
ISBN
ページ数 64頁
サイズ 21×17
対象年齢 5歳から
キーワード 動物 友だち 引っ越し あいさつ

  • 2019
  • 64 pages
  • 21×17
  • Age 5 +

本を探す/book search