やさいのおにたいじ(絵本)

The Vegetables Slay the Damon

つるたようこ 作 text/illus. Tsuruta, Yoko

カテゴリー: Japanese Children's Booksおすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『やさいのおにたいじ―御伽草子「酒呑童子」より』(Yasai no oni taiji: otogizoshi syuten doji yori)

室町時代から作られてきた絵入り短編物語が、江戸時代中期に「御伽草子」としてまとめられた。この本は、そのなかの一編である「酒呑童子」を、子ども向けに語り直したものだ。登場人物は愛らしい京野菜。こんにゃくいもの鬼を、堀川ごぼうや賀茂なすなどの6人が、自分の持ち味を生かしながら、力を合わせて知恵と勇気を武器に退治する。絵は、絵巻物のように右から左に順を追って、日本画で使う顔彩と墨のやわらかな色使いで描かれている。野菜たちが話す京言葉と相まって、はんなりした古都の雰囲気を伝えている。(坂口)

出版社 福音館書店
初版年 2020年
ISBN 9784834085471
ページ数 32頁
サイズ 20×27
対象年齢 3歳から
キーワード 昔話 鬼 野菜

The Vegetables Slay the Damon

Many short, illustrated stories were created in Japan from the 14th through 16th centuries. This book adapts one such story for children: a demon-slaying tale set in Kyoto. A demon (oni) is an imaginary, symbolic monster with a horn on its head that brings misfortune to humans. In this book, Kyoto vegetables such as carrot, eggplant and matsutake mushroom join forces and use wisdom and courage to fight the demon. It is possible to follow this story entirely through the illustrations, which flow from right to left
continuously like a picture scroll (emakimono). The defeated demon is konnyaku, a jelly-like food made from a plant in the taro family, often eaten in Japan. (Sakaguchi)

  • text/illus. Tsuruta, Yoko
  • Fukuinkan Shoten
  • 2020
  • 32 pages
  • 20×27
  • ISBN 9784834085471
  • Age 3 +

Folktale, Demon, Vegetable


本を探す/book search