ひみつだからね(絵本)

軽部武宏 作

カテゴリー: おすすめ!日本の子どもの本絵本/picture books

『ひみつだからね』(Himitsu dakara ne)

幼い男の子が一人称で「ぼくだけのひみつ」について読者に語りかける。誰もいない小屋の周りを缶ぽっくりで歩くと、藁や木でできた馬が走りだして
きたり、倒木を乗り越えたところで草笛を吹くと、狸が車掌の電車がやってきたりと、次々と不思議なことが起きる。多くの子がひそかに持っている神聖な場所と、魔法を引き起こす特別なルールを「ひみつだからね」と繰り返しささやき伝えることで、ひとり遊びの空想の時間を読者と共有する。軽部の描く幻想画には存在感があり、喜び、驚き、畏れなどの豊かな感情を揺り起こす。(広松)

出版社 偕成社
初版年 2020年
ISBN
ページ数 32頁
サイズ 31×23
対象年齢 3歳から
キーワード 秘密 空想 ひとり遊び

  • 2020
  • 32 pages
  • 31×23
  • Age 3 +

本を探す/book search