【速報】IBBYが、2020年国際アンデルセン賞ショートリストを発表!

田島征三さんが画家の最終候補6人に残りました!

IBBY(国際児童図書評議会)は、数日間にわたり、ミュンヘン国際子ども図書館で国際アンデルセン賞の国際選考会を行い、1月20日、2020年国際アンデルセン賞ショートリストを発表しました。34人の作家候補と36人の画家候補のうち、6人の作家と画家が最終選考に進みました。

*作家賞ショートリスト

Bart Moeyaert
ベルギー
Farhad Hassanzadeh
イラン
Jacqueline Woodson
アメリカ合衆国
María Cristina Ramos
アルゼンチン
Marie-Aude Murail
フランス
Peter Svetina
スロベニア

*画家賞ショートリスト

田島征三
日本
Albertine
スイス
Elena Odriozola
スペイン
Isabelle Arsenault
カナダ
Iwona Chmielewska
ポーランド
Sylvia Weve
オランダ

最終受賞者は、3月30日に、イタリアのボローニャブックフェアで行われるIBBYの記者会見にて発表されます。

国際選考委員:
委員長 Junko Yokota(アメリカ合衆国)
委員(10名) Mariella Bertelli(カナダ)、Denis Beznosov(ロシア)、Tina Bilban(スロベニア)、土居安子(日本)、Nadia El Kholy(エジプト)、Viviane Ezratty(フランス)、Eva Kaliskami(ギリシャ)、Robin Morrow(オーストラリア)、Cecilia Ana Repetti(アルゼンチン)、Ulla Rhedin(スウェーデン)

すべての候補者はこちら➡

IBBYのサイトはこちら➡
全ての候補者の顔写真とプロフィールがご覧になれます(英語サイト)。