「2025年IBBYバリアフリー児童図書」日本からのノミネート作品決定

 IBBY(国際児童図書評議会)は、すべての子どもたちが読書の楽しみを享受できるよう、さまざまな工夫の詰まった世界のバリアフリー児童図書の情報を収集/発信しています。
 2年に一度、各国支部から推薦されるバリアフリー図書の中から40~50冊を選定し、カタログを作成します。選ばれた本は、IBBY世界大会や国際ブックフェアなどで紹介され、希望する国々で巡回展示されます。詳しくはこちら➡

 JBBYは、3月20日に出版クラブビル会議室において国内選考会を行い、2025年のIBBYの選定に向けて、下記の8冊を日本から推薦することにしました。

  • 選考委員(敬称略):
      さくまゆみこ(翻訳家)  
      梨屋アリエ(児童文学作家)
      林 左和子(静岡文化芸術大学教授)
      村中李衣(児童文学者/ノートルダム清心女子大学教授)
      山田 真(小児科医)
      

■ カテゴリー1:誰もがアクセスできる本

紙芝居『こんにちはがいっぱい!』(山本祐司脚本・絵/童心社)

『たびにでよう』(降矢なな作/童心社)

『はだしであるく』(村中李衣文/石川えりこ絵/あすなろ書房)

■ カテゴリー2:障害がある子どもや人物を描いた本

『うちのおかあちゃん』(小手鞠るい作/こしだミカ絵/偕成社)

『オリヒメ:人と人をつなぐ分身ロボット』(吉藤オリィ・加藤悦子文/子どもの未来社)

『じゅげむの夏』(最上一平作/マメイケダ絵/佼成出版社)

『読書バリアフリー:見つけよう!自分にあった読書のカタチ』(読書工房編・著/国土社)

マンガ『僕らには僕らの言葉がある』(詠里著/KADOKAWA)

■ 「世界のバリアフリー児童図書展」巡回中

2023年のセレクション40タイトルを国内で巡回展示いたします。お近くで開催の際は、ぜひ足をお運びください。(2024/04/04現在、予定は変更される場合があります)

4/19(金)午後 *限定展示東京都:出版クラブビル・クラブライブラリー
5/8(水)~21(火)東京都:杉並区立今川図書館
5/31(金)~6/27(木)福島県:本宮市立しらさわ夢図書館
7/8(月)~19(金)愛知県:至学館大学附属図書館
9/3(火)~12(木)福井県:福井大学附属図書館医学図書館
10/8(火)~20(日)群馬県:太田市美術館図書館
10/28(月)~11/5(火)山梨県:都留文科大学附属図書館
11/22(金)~12/5(木)東京都:荒川区立ゆいの森あらかわ

■ 図書展開催にご興味のある方はこちら▶▶