あたしが乗った列車は進む(読みもの・原作アメリカ)

ポール・モーシャー 作/代田亜香子 訳

カテゴリー: おすすめ!世界の子どもの本読みもの/chapter books and novels

『あたしが 乗った 列車は 進む』

ライダーと名乗る12 歳の孤児の少女が、親戚と一緒に住むため、付添人とともにシカゴに向かう長距離列車で旅をする物語。ライダーは売店の店員や乗客の男性と知り合い、ボーイスカウトの少年に詩の魅力を教えてもらう。列車内では食べ物を買うお金を稼ぐためにさまざまな工夫をし、薬物依存症だったママの死、パンケーキを焼くのが得意だったおばあちゃんの死などを思い返す。ライダーがたいへんな状況にあっても正しくあろうとしたり、人の心の傷みを受け止めたりする様子が心に残る。(土居)

出版社 鈴木出版
初版年 2018年
ISBN
ページ数 256頁
サイズ 20×14
対象年齢 10歳から
キーワード 孤児 列車 旅

  • 2018
  • 256 pages
  • 20×14
  • Age 10 +

本を探す/book search