おばかさんに乾杯(ウクライナ・読みもの)

Dyvaky i Zanudy

ハリナ・キルパ 訳/ウルフ・スタルク 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_翻訳作品(スウェーデン語からウクライナ語)

『おばかさんに乾杯』

スウェーデンの有名な児童文学。12 歳のシモーネは様々な悩みを抱えている。母親が退屈なイングベと付き合っていたおかげで、シモーネも引越しと転校で友だちとも離れ離れ。愛犬のキルロイもいなくなった。転校先では、男子とまちがわれるが、そのまま楽しんでいた。しかしシモーネはイサクを好きになり、カティがシモーネに恋をしたので、このままではまずいと思うようになる。カティの家でのパーティーの後、シモーネとイサクはけんかになり、湖から橋まで泳ぐ競争をすることに。ふたりは凍えた体を温めようと、秘密の場所に行く。そこでイサクはシモーネが女の子だと知り、お互いの気持ちを伝えあう。シモーネは幸せな気持ちになり、クラスメートに真実を伝える。

翻訳家について 1950 年、キエフ郊外の村に生まれる。作家、翻訳家、編集者。多くの子どもの本を、スウェーデン語、ノルウェー語、チェコ語から翻訳している。マリア・グリーペ、トールモー・ハウゲン、アストリッド・リンドグレーンの作品の翻訳もある。

日本語版
石井登志子 訳/小峰書店/2003

出版社 Vydanytstvo Staroho
初版年 2017年
ISBN 978-617-679-173-3
ページ数 156頁
サイズ 21×13
対象年齢 8歳から
キーワード アイデンティティ 男女の役割 愛

Dyvaky i Zanudy

  • 2017
  • 156 pages
  • 21×13
  • ISBN 978-617-679-173-3
  • Age 8 +

本を探す/book search