おかゆと小さなドラゴン(チュニジア・絵本)

ワファ・タベト・メズガニ 訳/フェリドゥン・オラル 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_翻訳作品(トルコ語からアラビア語)

『おかゆと 小さなドラゴン』

ドラゴンの子どもが、好物のおかゆを嫌がるお話。ドラゴンの子どもは、明日は誕生日で大きくなるから、もうおかゆは必要ないと考える。「何が食べたいの?」と両親が聞くと、「わからない。甘くもしょっぱくもなくて、ひょっとしたら少し肉が入ってたり、果物が入ってたり、いやどちらでもないかもしれないけど」と答える。小さなドラゴンは森に「成長した」食べ物を探しに行く。森では、たくさんの動物や植物に出会う。家に戻る頃には腹ペコで疲れていたが、持ち帰ったバスケットは果物でいっぱいで、心は満たされていた。ドラゴンの母親は果物でケーキを焼き、森で出会った新しい友だちと誕生日をお祝いする。失敗から学ぶ、勇気や行動についての物語でもある。

翻訳家について 子どもや女性の文化の研究者、翻訳家、語りべ、子どもの本の作家。祖母が話してくれたお話から子どもの本に興味を持つ。外国の物語を読み、子どもの本の翻訳を志すようになる。最初はグリムの昔話などを訳していたが、近年は現代の作品も手がけている。

出版社 Aasidato Alaraz wa Ettineen Alsaghiir
初版年 2016年
ISBN 978-9953-578-13-4
ページ数 46頁
サイズ 30×23
対象年齢 8歳から
キーワード ドラゴン 信頼 冒険

  • 2016
  • 46 pages
  • 30×23
  • ISBN 978-9953-578-13-4
  • Age 8 +

本を探す/book search