小さな女王さま(ポーランド・読みもの)

Paztety, do boju!

ボジェナ・センク 訳/クレマンティーヌ・ボヴェ 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_翻訳作品(フランス語からポーランド語)

『小さな女王さま』

ミレイユ、アストリッド、ハキマの3 人は、「ブタ・コンテスト」と呼ばれるイベントで、学校一のブサイクに選ばれる。ミレイユは気にしないが、転校してきたばかりのアストリッドとハキマはショックだった。3 人は同じ立場になったことで一致団結し、一緒に冒険に乗り出すことにする。各々の理由でフランス大統領が開くガーデン・パーティに参加することに決めたのだ。地方紙の取材を受けた3人は自転車でパリへ向かうことになり、その道中で友情を深めながら、自分自身を受け入れ、生きる喜びを知っていく。主人公たちだけでなく、彼らを支える人たちにも希望、愛、幸福感が生まれ、それぞれが成長していく様子を描いている。

翻訳家について 1959 年生まれ。フランス語とスペイン語から、ポーランド語への翻訳を行う。これまでにジュール・ヴェルヌ、サルバドール・ダリ、ヤスミナ・ハドラなどの作品を手がける。本作は初めてのYA の翻訳書。原書は2016 年度にIBBY オナーリストに選出されている。

出版社 Dwie Siostry
初版年 2017年
ISBN 978-83-65341-35-8
ページ数 274頁
サイズ 20×15
対象年齢 13歳から
キーワード 旅 美 自己主張

Paztety, do boju!

  • 2017
  • 274 pages
  • 20×15
  • ISBN 978-83-65341-35-8
  • Age 13 +

本を探す/book search