道の果てにある海(イラン・読みもの)

Oghyanoos-e Entehay

ファルザード・ファルブード 訳/ニール・ゲイマン 原作

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_翻訳作品(英語からペルシャ語)

『道の果てにある海』

葬式に参列するために、中年の男が子ども時代を過ごした故郷に戻ってくる。住んでいた家はとっくになくなっていたが、気がつくと、男は道の突き当たりにある農場に来ていた。7 歳の時、その場所で、風変わりな女の子レティと家族に会った。男は、もう何十年もレティを思い出したことなどなかったが、農場の傾いた小屋の裏にある池(レティはそこを海と呼んでいた)のほとりに座っていると、忘れていた恐ろしい過去が鮮やかに蘇ってきた。40 年前、この農場では、ひとりの男が盗難車の中で自殺していた。

翻訳家について 1968 年、ケルマーンシャー生まれ。英語からペルシャ語への翻訳を学ぶ。はじめは詩の翻訳を行なっていたが、ジョン・エリクソン作「牛の番犬ハンク」シリーズがヒットし、小説、ホラー、ファンタジーへと幅を広げた。原文に忠実で、かつ登場人物の個性を生き生きと描く翻訳に定評がある。現在は本作を出版した出版社で、翻訳、編集、経営の三役を担っている。

出版社 Parian
初版年 2016年
ISBN 978-600-7058-04-6
ページ数 260頁
サイズ 19×14
対象年齢 15歳から
キーワード 子ども時代 死 魔法

Oghyanoos-e Entehay

  • 2016
  • 260 pages
  • 19×14
  • ISBN 978-600-7058-04-6
  • Age 15 +

本を探す/book search