イード(チュニジア・絵本)

Alïd

ラウフ・カッカイ 絵/ナビハ・ミヒドリ 文

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_イラストレーション作品(アラビア語)

『イード』

「イード」の本当の意味がわからない女の子が主人公の話。イードとは、イスラム教のラマダン明けの祭りのこと。女の子は、イードが親せきや友だちの誰かだと考え探しまわるが、近隣地域で紛争が起きた時、ようやくその意味を知る。祭りの楽しさも、新しい服も、お菓子もなくなって初めて知ったのだ。
 イラストレーションは手すきの紙にインクで描かれている。画家はチュニジアのアフリカ人とベルベル人の文化遺産を調査し、チュニジアの伝統的な視覚芸術の記号、形、色を、芸術的な言語、現代的表現として描き出した。

画家について 1951 年、スファックス生まれ。スファックス美術工芸高等専門学校のビジュアルコミュニケーション、グラフィックデザイン、イラストレーションを専門とする教授。文化的、政治的なポスターのデザインと製作のほか、チュニジア、ヨーロッパ、アラブ圏の児童書のデザイン、イラストレーション、広報に携わる。作品に「チュニジアのなぞ」、「チュニジアの子守歌」がある。個展やグループ展、会議、国内外の子どもの本のイラストレーションのワークショップと幅広く活動する。

出版社 Al Hadek
初版年 2050年
ISBN 978-614-439-080-1
ページ数 34頁
サイズ 31×31
対象年齢 7歳から
キーワード 祝祭 休暇

Alïd

  • 2050
  • 34 pages
  • 31×31
  • ISBN 978-614-439-080-1
  • Age 7 +

本を探す/book search