ドームがたり(日本・絵本)

スズキコージ 絵/アーサー・ビナード 文

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_イラストレーション作品(日本語)

『ドームがたり』

主人公は広島の原爆ドーム。1945年に世界で最初に原子爆弾が投下された跡に、唯一残された建物である。1915年に広島物産陳列館として建てられ、現在は広島平和記念碑となっている。ドームは、原爆が投下される前の繁栄の時代、破壊と爆発の連鎖反応、復興までの長い道のりを静かに語る。世界の核実験や原子力の発展への不安も示す。作家と画家は、調査や被爆者への取材などに2年を費やした。イラストレーションはダイナミックかつ繊細。爆発で飛びちった、裸眼では見えないほど小さいウラニウム原子の抽象的表現は、特に印象的だ。

画家について 1948年、静岡県生まれ。絵本、スケッチ集、漫画、映画や演劇のポスター、舞台装置、衣装、看板、包装デザイン、壁画ライブペインティングなど活動は多彩。『エンソくん きしゃにのる』(福音館書店/1990)、『サルビルサ』(架空社/1996)、『ブラッキンダー』(イースト・プレス/2008)など、多くの作品で賞を受ける。『やまのディスコ』(架空社/1989)は1990年の IBBYオナーリストに選ばれた。

出版社 玉川大学出版部
初版年 2017年
ISBN 978-4-472-05991-9
ページ数 34頁
サイズ 31×26
対象年齢 7歳から
キーワード 1945年日本 広島 原子爆弾

  • 2017
  • 34 pages
  • 31×26
  • ISBN 978-4-472-05991-9
  • Age 7 +

本を探す/book search