プオーーンはエリのこえ(エストニア・絵本)

Trööömmmpffff ehk Eli hääl

ピレット・ラウド 絵と文

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_イラストレーション作品(エストニア語)

『プオーーンはエリのこえ』

鳥のエリは砂浜に住んでいた。エリには声がない。葉擦れの音、波の砕ける音、雨がぽつぽつ落ちる音を聞くと、悲しくなる。ある朝、トランぺットをみつけたエリは、吹いて音が出ると有頂天になる。でも、それはシームの物だった。トランペットなしではシームはシームでなくなってしまうという。エリはどうしたらいいのだろう? 文章と絵が一体となったこの作品は、空想と遊び心に満ちている。画家特有の世界がモノクロの絵で強調されるが、それでも読者に想像の余地を残している。

画家について 1971年、タリン生まれ。エストニアの芸術アカデミーで美術と版画を学ぶ。10年ほどイラストレーターの仕事をした後、自分で文章も書き始める。創意に富み、展開の速い物語は、躍動感のある絵によく馴染んでいる。「プリンセス・ルルとほねほねさん」(2008)はエストニア文化基金の児童文学賞に輝く。「バードさんのはなし」(2009)と『みっつのねがい』(まえざわあきえ 訳/福音館書店/2012)はそれぞれ2010年、2013年のホワイト・レイブンズに選ばれた。

出版社 Tänapäev
初版年 2016年
ISBN 978-9949-85-053-2
ページ数 36頁
サイズ 23×18
対象年齢 5歳から
キーワード アイデンティティ 本質

Trööömmmpffff ehk Eli hääl

  • 2016
  • 36 pages
  • 23×18
  • ISBN 978-9949-85-053-2
  • Age 5 +

本を探す/book search