ランツ(ドイツ・読みもの)

Lanz

フルリン・イエッカー

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(ドイツ語)

『ランツ』

14歳の少年ランツは、宙ぶらりんだ。自分は子どもではないけれど大人でもない。子どもでいたいと願いながら、大人になろうと必死になっている。ランツが暮らす美しいスイスの風景と裏腹に、彼が直面しているのは、両親の離婚問題やむかつく教師たち、そして奥手な自分自身だ。恋した相手に自分を印象づけようと、学校のブログに参加して、日々の喜びや悲しみを書いたりもする。コメディタッチで心温まる成長物語。著者は主人公の心に寄り添い、ありふれた10代の少年の内面をリアルに描き出している。スイスのスラング(俗語)や若者言葉をちりばめた、飾り気のない語り口が魅力的なデビュー作。

作家について 1990年、ベルンに生まれる。数学、工学、生物学を学び、2013年にベルン大学のスイス文学研究所で創作を専攻。在学中に運営していたブログが卒業課題となり、本作でのデビューにつながった。現在はフリーのジャーナリストとして活躍。創作講座の講師も務めている。

出版社 Nagel&Kimche
初版年 2017年
ISBN 978-3-312-01022-6
ページ数 124頁
サイズ 21×13
対象年齢 14歳から
キーワード ブログ 自己責任 成熟

Lanz

  • 2017
  • 124 pages
  • 21×13
  • ISBN 978-3-312-01022-6
  • Age 14 +

本を探す/book search