小さなマンモスのメニク(ロシア・絵本)

Menik seliicheen

エヴドキヤ・イリンツエーワ=オクド 文/コンスタンチン・ルイトゥキンなど 絵

カテゴリー: IBBY オナーリスト絵本/picture books

2018_文学作品(ヤクート語)

『小さなマンモスの メニク』

主人公はマンモスの子ども。といっても、原始時代に生まれたわけではない。ヤクーツクの実験施設で生まれたクローンなのだ。名前はメニク。ヤクート語で「わんぱくな子ども」という意味だ。メニクは、雪に覆われた大地を冒険する。途中、吹雪の後に突然現れたサンタクロースとその孫の雪娘や、湖の底で目ざめた恐ろしい怪物などに遭遇する。本書は立体の仕掛け絵本になっていて、アプリを使用すると、メニクと仲間が歩く様子を目で楽しめるだけでなく、鼻から息を吐く音まで聞くことができる。

作家について 1962年生まれ。ヤクーツク在住。大学では外国語学部で翻訳を、言語学部でジャーナリズムを学ぶ。卒業後は子ども新聞の記者になり、2011年以降は編集長を務める。子ども向けのおとぎ話のほか、10代の若者向けの作品も執筆。どの作品もユーモアにあふれている。ヤクートのジャーナリスト組合による「金の筆賞」受賞者。

出版社 BICHIK
初版年 2015年
ISBN 978-5-7696-5025-3
ページ数 62頁
サイズ 22×27
対象年齢 6歳から
キーワード マンモス 冒険

Menik seliicheen

  • 2015
  • 62 pages
  • 22×27
  • ISBN 978-5-7696-5025-3
  • Age 6 +

本を探す/book search