バーニー・ケトルの映像編集室から(ニュージーランド・読みもの)

From the Cutting Room of Barney Kettle

ケイト・デ=ゴールディ

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(英語)

『バーニー・ケトルの 映像編集室から』

バーニー・ケトルは、将来、超有名な映画監督になると決めていた。すでに短編映画を4本撮っているが、今のところ、見てくれたのは学校の友だちとハイストリートの住人だけ。でも、いつか世界に名を馳せるのだ。次作のために、バーニーが選んだ原作は、市全体を巻き込んだ大惨事で大怪我を負った匿名の男が、入院中に書いたもの。住んでいた通りや楽しい隣人、変わった店など――男は、怪我をする前の夏の日々を記憶しておきたかったのだ。そして何より、優れた映画製作者であり、探偵であり、探求型頭脳の持ち主、バーニー・ケトル少年のことを記憶しておきたくて書いた原稿だった。2011年の大地震後のクライストチャーチを舞台にしたYA作品。

作家について ニュージーランド屈指の作家のひとり。短編、長編、絵本で、あらゆる世代の読者を魅了する。2008年に発表した「夜10時の質問」は、ニュージーランド国内の児童文学賞を受賞し、2009年のホワイト・レイブンズと、2010年のIBBYオナーリストに選ばれた。

出版社 Penguin Random House
初版年 2015年
ISBN 978-1-77553-576-8
ページ数 331頁
サイズ 24×15
対象年齢 9歳から
キーワード ストーリーテリング 兄弟姉妹 記憶喪失 謎

From the Cutting Room of Barney Kettle

  • 2015
  • 331 pages
  • 24×15
  • ISBN 978-1-77553-576-8
  • Age 9 +

本を探す/book search