エイダスとの出会い(リトアニア・読みもの)

Sutikti eidą

イロナ・エジェリニーテ

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(リトアニア語)

『エイダスとの出会い』

主人公のアルゲは、まわりの人と違う感受性を持つ10代の少女。内気で自意識が強いので、親しい友だちもできず、退屈な毎日を送っていた。そこで、つまらない現実の代わりに空想の世界を作ることにした。他人は何を考えているのかと想像し、起こり得るものごとを空想するのは楽しかった。ある日、アルゲは、コーヒーショップで見かける女性が、いつもコーヒーを2杯注文し、そのうち1杯にしか手をつけないことに気付く。飲まれなかったコーヒーの謎から、エイダスの存在が明らかになる。エイダスというのは、中間世界の生物で、地球の人間を助けるために馳せ参じた、人間以上に完璧な人間だった――という具合だ。

作家について 1964年生まれ。シャウレイ大学でリトアニア語と文学を学ぶ。1999年から教職に就く。その後、執筆に取り組み、デビュー作となる「犬の日」が児童文学コンクールで優勝。2作目である本書は、YAとして高く評価されている。

出版社 Alma Littera
初版年 2016年
ISBN 978-609-01-2503-8
ページ数 171頁
サイズ 20×13
対象年齢 13歳から
キーワード 想像 大人になる

Sutikti eidą

  • 2016
  • 171 pages
  • 20×13
  • ISBN 978-609-01-2503-8
  • Age 13 +

本を探す/book search