夜の口(ブラジル・読みもの)

A boca da noite. Histórias que moram em mim

グラッサ・リマ

カテゴリー: IBBY オナーリスト読みもの/chapter books and novels

2018_文学作品(ポルトガル語)

『夜の口』

ブラジルの先住民、ワピシャナ族の口承物語。ワピシャナ族の子どもを主人公に、日常生活で使うような、わかりやすく、堅苦しくない言葉で、詩のような文章で書かれている。物語は、人間の感情や、芸術の普遍性について強調している。作中では、ワピシャナ語も一部使われており、巻末の用語集で意味を確認することができる。

作家について ブラジル北部ロライマ州の先住民ワピシャナ族の作家、作曲家、語り部。2007年「ジャガーと火」で先住民作家のための文芸コンクールで優勝。他の作品に、「変えられた靴 アルマジロがりっぱなかぎ爪を持ったわけ」など。

出版社 ZIT
初版年 2016年
ISBN 9788579331077
ページ数 42頁
サイズ 28×24
対象年齢 7歳から
キーワード ワピシャナ族 神話 夜と昼

A boca da noite. Histórias que moram em mim

  • 2016
  • 42 pages
  • 28×24
  • ISBN 9788579331077
  • Age 7 +

本を探す/book search